歌川国芳 猫刺繍ワッペン 猫飼好五十三疋(三島)

江戸時代の浮世絵師・歌川国芳の猫絵をデザインしたワッペンです。

猫好きで知られる国芳ならではのリアルでちょっぴり怖い猫絵は、時代を超えて今なお人気です。

そんな国芳の作品『猫飼好五十三疋』は東海道五十三次の宿場町を駄洒落で猫になぞらえたシリーズです。

こちらは東海道五十三次11番目の宿場町、静岡の「三島」をもじった「みけま」=尻尾が割れた魔物の三毛猫。

お手持ちのバッグやハンカチ、Tシャツなど、色々なものに付けてあなただけの国芳グッズに。


【サイズ】2.5cm×4.5cm
【素材】刺繍糸:レーヨン100%、シート:ナイロン100%
【製造】日本製

※アイロンで接着できるワッペンですが、より強力に固定したい場合は縫い付けることをおすすめします。
アイロンをかける際は当て布をしてください。
在庫状況 在庫切れです
購入数
Soldout